« 猛暑の夕食 | トップページ | コーヒータイム »

2007/08/21

風吹くままに

漫画家のさかもと未明さんにお会いした。
白いお洋服に、つば広のお帽子をかぶって、登場。しばし遠くから眺めていると、
お帽子の下からのぞいたのは、短く切りそろえた金色の髪。聞けばかつら、だそう
だが、身近にない光景を、時間をかけて見つめてしまった。でも、
私がご挨拶の名刺を取り出すと、にっこり笑ってくださって、「さかもとです」と、どこか
遠く宇宙から聞こえてくるような高く甘い声で言い、かわいらしいイラストのついた
お名刺をくださった。40歳を迎えたさかもとさん。自分自身のことを、「まる出し」と
形容していた。「まる出し」だからこそ、好いてくれる人もいるし、逃げてしまう人もいる
けれど、それで良いのだ、とおっしゃっていた。20代、30代と日々の生活や人間
関係に悩んだこともあったけれど、「未明は今、柳なの」との言葉通り、風に逆らわず
とも、決して折れないしなやかさが、とても印象的だった。さかもとさんの言葉を
借りれば、「大切なのは、計算しないこと」だそう。計算せずに、風に吹かれるがまま
でも、葉も枝も、折れずに、すくすく伸びるのよね。すごいわ。柳、花言葉は、参考に
する書物によって少しずつ違ったりするけれど「愛の悲しみ」「わが胸の悲しみ」。
それを知って、もっとすごいわ、と思ってしまう。世の中には、いろんな人が
いるもんだ。いろんな人がそれぞれに受け入れられる世の中だったら楽しい、と思う。
心強い、と思う。忙しいと、そうも言ってられないのだけど。

|

« 猛暑の夕食 | トップページ | コーヒータイム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/212954/7627035

この記事へのトラックバック一覧です: 風吹くままに:

» ブログ [とも述べた]
しかし キリスト教の各信徒が [続きを読む]

受信: 2007/08/24 03:36

« 猛暑の夕食 | トップページ | コーヒータイム »